芸能ニュース365

365日毎日その日にあったホットなニュースを更新!!

    医療



    (出典 pbs.twimg.com)



    1 ばーど ★ :2020/06/05(金) 06:09:33.71

    新型コロナウイルスの感染再拡大を防ぐため「東京アラート」を出している東京都は、感染者が増えている夜の歓楽街で注意を呼びかける見回りを、5日から警視庁と共に始めることが分かりました。

    東京都内では今月に入り、ガールズバーやホストクラブなど夜の歓楽街で働く人と、客として訪れた人の感染が増えていて、3日までの1週間で、夜の歓楽街と関連する人の感染が全体のおよそ3割を占めています。

    東京都は、新型コロナウイルスの感染が再び拡大する恐れがあるとみて、警視庁と共に、5日から新宿の歌舞伎町で注意喚起を行う見回りを始めることを決めました。来週からは、エリアを増やして港区の六本木でも行います。

    以下ソース先で

    2020年6月4日 17:16
    https://www.news24.jp/articles/2020/06/04/07656031.html


    【 ☆ 【東京アラート】  ホストクラブなど夜の歓楽街で感染増…都、警視庁が5日から歌舞伎町見回り 六本木も】の続きを読む



    (出典 www3.nhk.or.jp)



    1 納豆パスタ ★ :2020/06/05(金) 05:58:40.73

    飛まつの広がり スーパーコンピューター「富岳」が予測
    2020年6月4日 10時53分新型コロナウイルス
    シェアする
    新型コロナウイルスの感染に関わる、せきなどの飛まつがどう広がるのか、最新のスーパーコンピューターで予測した動画を、神戸市の理化学研究所が公開しました。

    この動画は、理化学研究所の坪倉誠チームリーダーなどのグループが、研究の中間報告として報道各社に公開しました。

    予測には最新のスーパーコンピューター「富岳」が使われていて、机をはさんで人が対面しているケースでは、1人がマスクをせずにせきをした場合、口元を隠すくらいの高さの仕切りを間に置いていても、向かいにいる人の顔に飛まつがかかっています。

    一方、頭の高さより高い仕切りであれば、飛まつをせき止めています。

    また、時速80キロの電車が窓を開けて走行した場合でも、通勤ラッシュ時のような満員の状態だと、空気の流れが止まり、十分な換気ができないこともわかったということです。

    坪倉チームリーダーは「『富岳』の計算能力によって、飛まつや空気の流れを細かく分析することが可能になった」と話しています。

    研究グループでは7月にも、こうした結果をもとに、感染予防策の具体的な提言をまとめたいとしています。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200604/k10012457421000.html



    (出典 www3.nhk.or.jp)



    前スレ(★1のたった日時:2020/06/04(木) 21:41:28.07)
    【コロナ】満員電車は窓開けても十分換気出来ないことが判明 スパコン「富岳」が計算 [雷★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1591274488/


    【 ☆ 【コロナ】  満員電車は窓開けても十分換気出来ないことが判明 スパコン「富岳」が計算】の続きを読む



    (出典 news.tv-asahi.co.jp)



    1 potato ★ :2020/06/04(木) 14:52:53.95

    東京都の関係者によりますと、4日、都内で新たに28人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されたということです。これで都内で感染が確認された人は合わせて5323人になりました。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200604/k10012457841000.html


    【 ☆ 【速報】  東京都内で新たに28人感染確認 計5323人に 新型コロナ !】の続きを読む



    (出典 cdn.e-sogi.com)



    1 影のたけし軍団 ★ :2020/06/04(木) 08:12:24.55

    東京都内在住の岩手県出身女性から、新型コロナウイルス感染防止を理由に実父の葬儀への参列を拒まれたと
    岩手県の地方紙岩手日報に情報が寄せられた。県は「葬儀は不要不急の外出に当たらない」との認識だが、
    全国の都道府県で唯一感染者ゼロの岩手では、親族や葬祭業者が県外からの参列を控えるよう求めるケースが相次いでいる。

    女性は、県内感染者ゼロが原因で「地域全体が過剰に自粛している」と対応に疑問を呈す。

    女性は岩手県央部出身で、緊急事態宣言が出ていた5月上旬に父親を亡くした。
    急いで帰省しようとすると、親族から「参列者に迷惑がかかる。戻って来ないで」と言われたという。

    女性に発熱などの症状はなく、県に問い合わせたところ「親族死亡の場合は不要不急の外出には該当しない」と回答があった。
    親族に告げると、葬祭施設に県外からの参列は遠慮するよう張り紙があるとして再び拒まれた。

    納得できずに葬儀に合わせて帰省したが、家族から「感染が広がったら自分たちはここに住めなくなる」と懇願され参列を諦めた。
    女性は「親の死に顔も見られないのは異常だ。感染者1号になるのが怖くて地域全体が過剰な自粛や差別を生んでいる」と訴える。

    岩手県葬祭業協同組合によると、県外からの参列への対応は各業者の判断に委ねているのが実情だ。
    最終的な判断は家族に任せるケースが多いとみられるが、青柳均理事長は「遠方からや県を越えての参列はご遠慮くださいとの告知は多々見られる」
    と業界内に敬遠する向きがあることを認める。

    背景には感染者が出た場合の風評被害の懸念がある。各業者は3密を避け参列人数の制限など感染対策を講じているが、
    葬儀や会食の規模縮小は大幅な減収になる。その状況で感染者が出れば利用者が一気に離れ、経営が立ちゆかなくなるという訳だ。

    「感染者が出た施設で葬儀はしたくない。差別かもしれないが、そんな思いはないと言えるだろうか」。
    青柳理事長は県外の人も参列できるようになってほしいと願いつつ、業界の苦悩を代弁する。越県移動の自粛が解除されても傾向は大きく変わらないとみる。

    【記者の視点】新型コロナウイルスの感染者ゼロの状況が県内で続いている。葬祭業者に限らず、あらゆる立場の人が
    「1人目の感染者」になることを恐れている。それが、県外在住者を過度に遠ざける風潮につながっていないか。

    全国で緊急事態宣言が解除され、感染防止と社会経済活動を両立する局面に入った。
    人やモノの動きが活発になれば、感染リスクが高まるのは避けられない。
    県内での感染者発生を前提として、過剰反応や差別的な行為を戒める意識を社会全体で醸成していくことが重要だ。

    感染者ゼロという誇るべき状態が、かえって感染者を悪とする雰囲気を助長しているのであれば深刻だ。
    県民一人一人が引き続き3密を避け感染防止に努めるのはもちろんだが、誰にも感染のリスクがあることを改めて肝に銘じたい。(岩手日報・宮川哲)
    https://www.yamagata-np.jp/news/202006/04/kj_2020060400075.php


    【 ☆ 【話題】   最期の別れもできないの? コロナ感染ゼロ・岩手の葬儀 「県外から来ないで」 !】の続きを読む



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    1 シャチ ★ :2020/06/04(木) 07:00:26.19

    文豪や著名人も多数訪れるという銀座の老舗クラブ「ザボン」。新型コロナウイルスの影響で、3月下旬からおよそ2か月にわたって店を閉めていた。「厳重の上に厳重に。恥ずかしいんですが」と、着物の上に雨合羽などで作られた防護用のガウンをまとい、フェイスシールド姿で開店前の消毒作業をするのは、ママの水口素子さんだ。

     「ザボン」は東京都のロードマップ「ステップ3」のさらに先に分類される「接待付き飲食店」で、今もまだ休業要請対象。しかし、家賃や従業員の給料など、この2か月間での損失は400~500万円に上っており、これ以上休めば店をたたまなければならず、従業員の生活を守るために、そして常連客などからの再開してほしいという声を受け、昨日の夜から営業を再開した。

     「自粛要請期間中なのに自分勝手なことをしておりますので、感染しないように、お客様に迷惑かけないように、こんな変な格好をして、こういうのをつけて。そこは真剣にやっています」。

    入店時には検温も

     営業時間は原則午後7~10時の3時間で、予約制をとり、1日に入店できるのは1組まで。店に入る際にはアルコール消毒や検温を徹底し、希望があればフェイスシールドも提供する。接客も、ゴム手袋にマスク、もしくはフェイスシールドをつけた上で行う。「髪も消毒で拭くのでセットをしていないんですよ」(従業員)。

     抗菌シートから取り出されたグラス。お酒や飲料水のボトルにも、抗菌シートが巻かれている。換気のための扇風機など、店の至る所に、感染症対策が取られていた。「いずれは再開しなければいけないから、どこの店よりも早くやる以上はそれなりに覚悟を決めて、完全防備でやりました」(水口さん)。

     そんな水口さんの“覚悟”の後押しとなっているのが、「銀座の伝統文化を残したい」という強い思いだ。「この銀座の街を終わらせてはいけないと思うんです。銀座で飲む文化がなくなったらそれこそ大変じゃないですか。時間と空間を売っている、そういう文化があるのは銀座だけなので、それを守りたいと思うんです」(ABEMA/『けやきヒルズ』より)


    6/2(火) 21:30配信 ABEMA TIMES
    https://news.yahoo.co.jp/articles/c6b41992df668a3f380a962bea382ad354cb76fc
    画像 「ザボン」の水口素子ママ

    (出典 amd.c.yimg.jp)

    2020/06/04(木) 01:41:37.84
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1591202497/


    【 ☆ 【新型コロナ】 「銀座のクラブは伝統文化、守らなければ」 クラブのママ、フェイスシールド&雨カッパの厳重装備で営業再開 !】の続きを読む

    このページのトップヘ