芸能ニュース365

365日毎日その日にあったホットなニュースを更新!!

    政治



    (出典 takehisayuriko.tokyo)



    1 しじみ ★ :2019/10/09(水) 03:01:26.18

    愛知県で開かれている国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」で、一旦中止となった企画展「表現の不自由展・その後」が2019年10月8日に再開されたことに対し、名古屋市の河村たかし市長は同日、会場の愛知芸術文化センター前や県庁前で再開に抗議する座り込みを行った。

    河村市長の座り込みに、愛知県の大村秀章知事は同日17時6分、ツイッターを更新して言及。「県立美術館の敷地を占拠して、誹謗中傷のプラカードを並べて、美術館の敷地の中で叫ぶ。芸術祭のお客様の迷惑も顧みず。常軌を逸してます」と非難した。

    ■一部内容を変更し、再ツイート

    大村知事は、この更新前の15時48分にもツイートしており、河村市長の行動に触れている。その際は、「県立美術館の中のフロアを占拠して、誹謗中傷のプラカードを並べて、美術館の中で叫ぶ。芸術祭のお客様の迷惑も顧みず。常軌を逸してます」とツイートしていた。

    ただ、各メディアの報道によると、河村市長は愛知芸術文化センター前や愛知県庁前で座り込みをした。大村知事のこの「15時48分」ツイートはその後、見られない状態になり、17時6分にあらためて、

    「まさか、こんなことをするなんて。衝撃です。制止を振り切って、県立美術館の敷地を占拠して、誹謗中傷のプラカードを並べて、美術館の敷地の中で叫ぶ。芸術祭のお客様の迷惑も顧みず。常軌を逸してます。厳重に抗議します」
    と投稿した。大村知事の2ツイートを比べると、「15時48分」版で「フロアを占拠」としていた箇所が、「17時6分」版では「敷地を占拠」に変わるなどしている。

    (出典 amd.c.yimg.jp)



    (出典 www.j-cast.com)


    https://www.j-cast.com/2019/10/08369584.html

    関連スレ
    【表現の不自由展】「不自由展」観覧希望者が殺到、限定60人の枠に1358人が行列 倍率は20倍超えの大盛況
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1570532729/
    【憲法違反】大村知事、国を訴える考え 表現の不自由展の補助金とりやめで「『表現の自由』を保障する憲法21条を争点」★5
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1570446123/
    【表現の不自由展】脅迫→展示中止→補助金不交付(権力の介入)「悪しき前例」 憲法学者らも懸念★3
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1570454010/

    ★1が立った日付2019/10/08(火) 19:48:51.65
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1570549003/


    【 ☆ 【表現の不自由展】  河村市長の座り込みに大村知事「美術館の敷地を占拠し誹謗中傷のプラカードを並べて叫ぶ」「常軌を逸してます」 !】の続きを読む



    (出典 www.sakigake.jp)



    1 ばーど ★ :2019/10/08(火) 11:31:37.56

     NHKから国民を守る党の立花孝志党首が参院議員を辞職する検討に入った。8日午後に国会内で緊急会見を開き、自ら説明する予定。

     同党幹部が8日午前、毎日新聞の取材に「辞職の手続きをしている。詳しくは会見で説明する」と明らかにした。辞職後は、10日告示・27日投開票の参院埼玉選挙区補欠選挙への立候補を視野に入れているとみられる。

     立花氏はNHKのスクランブル放送化を主張し、7月の参院選比例代表で初当選したばかり。当選後は、世界の人口増に関連し「虐殺」を容認するような発言をするなど過激な言動が問題となっていた。【浜中慎哉】

    毎日新聞2019年10月8日 11時16分(最終更新 10月8日 11時24分)
    https://mainichi.jp/senkyo/articles/20191008/k00/00m/010/078000c

    (出典 cdn.mainichi.jp)
    ?1


    【 ☆ 【N国党】  #立花党首が参院議員辞職を検討 辞職後は27日投開票の参院埼玉選挙区補欠選挙への立候補か きょう午後会見 !】の続きを読む



    (出典 nordot-res.cloudinary.com)



    1 しじみ ★ :2019/10/07(月) 12:00:24.55

    開催中の「あいちトリエンナーレ」について、文化庁が補助金を全額交付しないと決めた。菅義偉官房長官の発言を機に注目が集まったのが、公金と芸術のあり方だ。公権力は内容に介入しないのが大原則。文化庁は「手続き上の理由」を強調するが、「異例」の理屈には疑問の声が上がる。

    トリエンナーレへの補助金交付のあり方については、菅義偉官房長官が8月に「事実関係を確認、精査した上で適切に対応したい」と発言。文化人や憲法学者、市民団体などから「権力の介入」として問題視する声が上がる一方、官邸内では展示にいらだつ声が上がっていた。

     菅氏は26日午後の記者会見で、「文化庁において事実関係を確認し、審査した結果、全額を交付しないことと決定し、公表したと聞いている」と語り、交付見送りは文化庁の判断だと強調した。

     憲法21条の「表現の自由」に抵触するのではないかとも問われたが、菅氏は「国民の税金でまかなわれている補助金の取り扱いに関することなので、文化庁が事実関係を確認した上で、適切に対応するのは当然のことだ」と述べるにとどめた。

     今回の政府の対応について、野党は批判の声を上げている。共産党の小池晃書記局長は「憲法が禁止している明らかな検閲だ」と述べた上で、「後から補助金交付を却下するやり方がまかり通るようになれば、主催者は政権の顔色をうかがってやらざるを得なくなる」。立憲民主党の幹部は「文化庁の独断とは思えない。官邸の意向か、忖度(そんたく)でないとこんなことにはならない」と指摘した。

     批判は身内の自民党内からも出ている。7月の参院選で「表現の自由」をメインの政策に掲げ、自民の比例候補2位となる54万票を獲得して当選した自民党の山田太郎参院議員は、「このようなことはあってはならない」とツイート。自民党文科族の一人は「表現の不自由展・その後」以外の関連費用も含めた全額が不交付となったことを疑問視し、「事業自体の有用性は認められており、減額しても出すべきだ。そういう折衷案を模索しないあたりが、いまの政権らしい」と語った。


    (出典 www.asahicom.jp)


    朝日新聞デジタル
    https://www.asahi.com/articles/ASM9V54F6M9VUCLV00K.html


    【 ☆ 【表現の不自由展】  脅迫→展示中止→補助金不交付(権力の介入)「悪しき前例」 憲法学者らも懸念 !】の続きを読む



    (出典 eikaiwa.dmm.com)



    1 記憶たどり。 ★ :2019/10/01(火) 20:21:15.78

    https://twitter.com/tachibanat/status/1178970029586436097

    ついにホリエモンがNHKから国民を守る党の公認候補者に決定!
    詳しくは、まもなくアップするYouTubeをご覧下さい(^O^)
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)


    【 ☆ 【N国】  ホリエモンこと堀江貴文氏がN国党の公認候補者に決定!】の続きを読む



    (出典 isidorus-ex-camera.com)



    1 ニライカナイφ ★ :2019/09/30(月) 21:19:41.95

    ◆ 「日本の歴史と日本精神を学ぶべき」―旭日旗は自衛艦旗であり、主権国家日本の象徴であり、戦犯旗ではない

    韓国は海上自衛の旭日旗を戦犯旗とみなし、2018年10月韓国で催す国際観艦式に「旭日旗」の掲揚自粛を求めてきた。
    日本は折れない形を示すため参加をとりやめた。

    艦隊でも陸上部隊でも友好国同士が共同訓練するのは当たり前である。
    訓練のおかげで練度が上がり、戦力も向上する。

    米国とそれぞれ同盟条約を結んでいるから、これまで共同訓練はしばしば行われてきた。
    旭日旗は自衛隊が出発してからのマークで韓国でも過去に問題にされたことはない。

    「戦犯旗」だという言葉が登場し始めたのは2010年代になってから。その後エスカレートする一方になった。
    日本の自衛隊にとって旭日旗は自衛艦旗であり、所属国を示す標識であり、国の主権の象徴だから、海自が参加するとなれば徽章なしで参加するわけにはいかない。

    現役の海自隊員も何千何万という卒業生もこの徽章を誇ってきたに違いない。
    「その徽章が戦犯旗を想起させるから、参加しなくていい」というのは、国際的にも受け入れられまい。

    こう思っている最中、たまたま9月20日のBS-TBSで「旭日旗の持ち込み問題・東京五輪でどうなるか」の番組が放映された。
    この中のパトリック・ハーラン(パックン)発言は許せない。

    ハーバード大学卒のお笑い芸人として売り出しているから、パックンの思想や考え方には注意を払わなかったが、日本のことを全く理解していないことに驚いた。
    パックンの認識は「日本はホロコーストをやったドイツと同等。したがって相手が嫌がっている旭日旗の持ち込みを禁止すべきだ」「そう我慢するのが日本人のおもてなしの心でしょう」

    日本とナチスを比べるのは米国人の通弊だが、日本兵は相手が民間人と分かってわざと*ことはしない。
    真珠湾攻撃がうまくいったという「戦勝記事」を覚えているがそのトップ記事の下に「民間人68人が巻き添えになった」という記事が添えられていた。

    これが武士道の精神というものだ。
    戦争が深まるにつれて、市民をも戦争に巻き込むようになったが、アメリカ人のように原爆で広島市民を20万人、長崎で10万人というような殺戮はしなかった。

    パトリックは日本とナチスを同一視しているようだが、ナチスは市井に暮らす女性や子供まで600万人も*たのである。
    日本は硫黄島の玉砕攻撃で多くのアメリカ兵を戦死させたが、日本軍はそれ以上の戦死者を出している。

    日本人は名誉のためにも*。その名誉の象徴である徽章を「おもてなしの心」で遠慮しろとは暴論だ。
    客船が難破して、いち早く船長が逃げ出す国とはお国柄が違う。

    日本人には譲れるものは何でも譲る潔さを持つ。
    しかし精神の問題は譲れない。

    メインキャスターの松原耕二氏とコメンテイターの堤伸輔氏がパックン案にうなずいていたのは最低だ。
    キャスターは日本の歴史と精神を深く知れ。

    http://www.jfss.gr.jp/home/index/article/id/1015


    【 ☆ パックン「日本はホロコーストをやったドイツと同じ。相手が嫌がる旭日旗の持ち込みは禁止せよ。我慢するのが お・も・て・な・し」 !】の続きを読む

    このページのトップヘ