芸能ニュース365

365日毎日その日にあったホットなニュースを更新!!

    パワハラ



    (出典 pds.exblog.jp)



    1 nita ★ :2019/05/23(木) 14:17:04.45

    5/23(木) 12:39配信
    毎日新聞

     徳島県警は23日、地元紙・徳島新聞社(徳島市)の20代男性記者に暴言を繰り返したとして、男性警視(51)を本部長注意処分(22日付)とした。

     県警などによると、警視は徳島中央署(同市)で事件広報の担当だった昨年5月から今年1月ごろの間、取材に訪れた記者に「頭悪いんか。同じことを何回も聞くな」「もう記者やめたら」などと計13回、人格を否定するような発言をした。怒鳴ったり、ファイルを机にたたき付けたりしたこともあった。警視は暴言を認め、「記者の言動に腹が立った」と話しているという。

     県警が徳島新聞社から1月18日に出された抗議文を受けて調査。パワーハラスメントと同程度の不適切な言動があったと認定した。

     県警の平岡信吾監察課長は「警察幹部としてあるまじき行為。指導を徹底して再発防止に努める」としている。【岩本桜】

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190523-00000036-mai-soci


    【 ☆ 【パワハラ】  徳島県警警視、徳島新聞社の20代記者に暴言で処分 取材中に「頭悪いんか。同じことを何回も聞くな」「もう記者やめたら」 !】の続きを読む



    (出典 img.tokyo-sports.co.jp)



    1 江戸領内小仏蘭西藩 ★ :2019/04/28(日) 13:52:22.92

    4/28(日) 11:02配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190428-00000052-sph-ent

    (出典 amd.c.yimg.jp)

     お笑いタレント・たむらけんじ(45)が28日、自身のツイッターを更新。ユーザーとのやり取りの中で「脅迫、営業妨害」があったとし、警察に相談することを明かした。

     たむらは24日に大阪・堺市の竹山修身市長が政治資金収支報告書をめぐる問題で、日本維新の会の足立康史衆院議員「結局2、3億円超の政治資金は誰のポケットに入ったのか」などと追及する動画を貼り付け、「堺市民の皆さん、いや、日本国民の皆さんこれでいいんですか??絶対にダメ!!めちゃくちゃ怒りましょう!!!」とツイートした。

     その後、ユーザーから「どうでも良いんですが、たむけんに一言だけ。この2、3億円は税金ではないですよ。竹山修身元市長が集めた政治資金なので、一般国民が目くじら立てることですか?竹山氏に寄付した人が怒るなら話は別ですが。その点理解してます?」との質問に、「もちろん税金ではない事は理解してますよ。でも、法律で決められた事を守ってない可能性あるのに、辞めたらもう調べません!はあかんのちゃいますかね?それを許してる事に怒るのってダメなんですか?」と返答した。

     足立衆院議員が25日に発言を撤回、謝罪したことを受け、大阪市会議員の辻よしたか氏が「お久しぶりです。たむらけんじさん、足立さんは陳謝されたのですが?できれば、適切な対処をお願いいたします」と問いかけた。
    これに対したむらは「えっ?これって僕が謝らなければならないって事ですか?謝らなければ何か僕されるって事ですか?凄い怖いんですけど。これって政治家の方に一般の国民が脅されてるんですか?だって悪い事してる可能性ある人を追求出来るのに皆んなで団結して見逃してる事怒ったらあかんのですか?何も言うなですね?」とつづった。

     25日夜にはユーザーから「焼き肉たむらの肉は偽装牛肉やで!食べたらあかんで!ってウソ吹聴されたら、自分どんな気持ちになるん?相手の事考えれへんの?どっちにしても、疑惑を吹聴したんやからちゃんと公然で謝るべき」と謝罪するべきとのリプライには、
    「これを言われたらそうじゃない自信が100%なので、どこかの市長さんみたいに辞めるだけで終わらずちゃんと説明責任を果たした上で身の潔白を証明します。もう追及せえへんからって言われても、いやしっかりと追及してくださいとこちらからお願いします。だって100%悪い事してないからそうします」と返した。

     そしてこの日、「店グチャグチャにして潰したる」など複数ユーザーからの発言を受け、「えっ??これなんですか??報告ありがとうございます。すぐに蒲生警察さんに相談に行きます。お客様、従業員の安全を確保します。完全な脅迫、営業妨害ですよね?」と困惑した様子だったが、すぐに「ご心配ありがとうございます。すぐに蒲生警察さんに向かいます」と警察に相談することを明かした。


    【 ☆ 【Twitterバトル】  たむけん、「脅迫、営業妨害」で警察に相談へ 複数ユーザーが「店グチャグチャに潰したる」などと宣告 !】の続きを読む



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    1 記憶たどり。 ★ :2019/04/13(土) 06:34:20.32

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190412/k10011882421000.html

    繰り返し暴言を受けたり丸刈り頭にされたりしたなどと男子生徒が訴え、クラスの生徒全員と保護者が
    嘆願書を出して懲戒免職を求めた山口県の県立高校の教諭について、県教育委員会は、不適切な指導で
    体罰にあたるなどとして減給の懲戒処分にしました。

    山口県の県立下松工業高校に通う現在2年生の男子生徒は去年、担任だった男性教諭から「お前は病気だ」
    などと暴言を繰り返されたり、バリカンで丸刈り頭にされたりした、などと訴えました。

    そしてことし2月、同じクラスの生徒40人全員と保護者39人が、教諭を懲戒免職にするよう求める嘆願書を
    県教育委員会の教育長に提出しました。

    山口県教育委員会は12日記者会見を開き、教諭が生徒たちに不適切な発言を繰り返していたと認め、
    丸刈りは体罰にあたると指摘しました。

    そのうえで「言動によって生徒を傷つけ、嘆願書が提出されるなど混乱を招き、教職員の信用を著しく失墜させた」
    として12日付けで、減給1か月、10分の1、の懲戒処分にしたと発表しました。

    嘆願書の作成には、2人の女性教諭が関わっていたことも明らかにし、「教育現場を混乱させた」などとして、
    当時の校長と合わせて3人をいずれも文書による訓告としました。

    山口県教育委員会の徳田充教職員課長は「県民の皆様に深くおわび申し上げます。信頼回復に全力を尽くしたい」と述べました。


    男子生徒「納得できぬ 女性教諭処分はおかしい」

    男性教諭から暴言を受けたという男子生徒は処分について「正直、甘いと思います。納得できないし、懲戒免職にしてほしかった」と話していました。

    また、嘆願書の作成に関わっていた2人の女性教諭については「僕たちにとって必要な先生が処分を受けたことはおかしいと思う」と話しました。


    「救った先生まで処分とは…」生徒の父親

    男性教諭から暴言を受けたり丸刈り頭にされたりした生徒の父親は「教師の言動を県教育委員会が認めてくれたことはよかったですが、
    息子を救ってくれた先生も訓告処分となったのは申し訳ない気持ちです。二度とこのようなことが起きないよう対処してほしい」
    とコメントしています。


    校長「保護者におわび」

    下松工業高校の松本理校長は、今月15日に全校生徒の保護者を対象にした説明会を開き一連の問題について謝罪や説明を行うことを明らかにしました。

    松本校長は「教員による不適切な指導があったことや、生徒たちの学校生活に混乱が生じたことを保護者におわびしたい。
    再発防止に向けて研修を重ね、体制の見直しを行いたい」とコメントしています。


    過去スレ
    【学校】クラス全員が担任教師の懲戒免職求め嘆願書。山口の県立高校★2
    http://asahi./test/read.cgi/newsplus/1553544045/


    【 ☆ 【学校】  生徒全員が免職求めた教諭、減給処分に。嘆願に関与の教諭も訓告。生徒「納得できぬ。女性教諭処分はおかしい」 】の続きを読む



    (出典 brandnew-s.com)



    1 名無しさん@涙目です。(dion軍) [CN] :2019/04/06(土) 18:55:56.34


    4日、再逮捕された日産自動車のゴーン前会長とともに東京都内のマンションで過ごしていた妻の
    キャロルさんが、アメリカの有力紙に当時の様子を語りました。キャロルさんは「私もテロリストのように
    扱われた」と、東京地検特捜部の対応を非難しました。

    ゴーン前会長の妻のキャロルさんは、アメリカのニューヨーク・タイムズとウォール・ストリート・ジャーナルの
    取材に応じました。

    特捜部の係官が午前6時前に都内のマンションに来たとき、ゴーン前会長とキャロルさんはパジャマを着た
    状態で、「ベッドから飛び起きて玄関のドアを開けると20人ほどがいた」と話しています。

    特捜部は、キャロルさんの携帯電話やパスポートを押収し、何が書いてあるのか分からない日本語の文書に
    サインをするよう求めてきたということです。

    このため文書の翻訳が必要で、弁護士と話をしたいと要求したものの認められなかったことを明らかにしました。

    キャロルさんは特捜部のこうした対応について、「私が爆弾を持ったテロリストであるかのように扱われた。
    地獄のような恐怖を感じた」などと非難し、「私と夫に恥をかかせたかったのだ」と話しています。

    また特捜部がマンションに来た際のゴーン前会長の様子については、逮捕されるかもしれないとは思っていたが、
    早朝に来るとは予想していなかったと述べ、「途方に暮れ、怖がっていた。ただ私のことを心配していた」と
    涙を浮かべながら話したということです。
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190406/k10011875321000.html


    【☆ ゴーン妻キャロル「私もテロリストのように扱われた」 米紙に訴える!】の続きを読む



    (出典 mynavi.agentsearch.jp)



    1 記憶たどり。 ★ :2019/03/30(土) 07:19:10.91

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190330/k10011866601000.html

    子育てや介護などを理由に引っ越しを伴う転勤を受け入れられず、仕事をやめてしまう「転勤離職」が相次ぐ中で、
    厚生労働省は転勤制度を見直す際の考え方やポイントを示したガイドラインの活用を呼びかけています。

    転勤制度は大手企業を中心に人材育成や組織の活性化を目的に取り入れられていますが、
    引っ越しで家族と離れて暮らすことになり子育てや介護ができないとして、仕事をやめてしまう「転勤離職」が相次いでいます。

    こうした中、厚生労働省はおととし転勤制度を見直す際の考え方やポイントを示したガイドラインを作成し、企業に活用を呼びかけています。

    この中では転勤の目的や効果を改めて検証し、人材育成などについても転勤以外の方法はないか検討することが有効だとしています。

    そのうえで、定期的な面談などで社員の意向や家庭の事情を把握したり、転勤の回数や赴任期間を明確化するために
    その目安を社内で共有することも考えられるとしています。

    また、転勤が決まった場合には時間的な余裕を持って社員に伝えることが重要だとしています。

    転勤制度をめぐっては、一部の企業に引っ越しを伴う転勤を原則廃止にしたり、転勤を一時的に猶予できる制度を設ける動きも出ています。

    転勤制度に詳しいリクルートワークス研究所の大久保幸夫所長は「企業には転勤させる社員の数を必要最小限に絞り込んだり、
    転勤の同意を得ていく努力も求められている」と話しています。


    ネット上に不満や悲鳴の声

    大手企業を中心に年度末の今の時期、異動の内示が多くなっています。ネット上では転勤に関する書き込みが目立ちますが、
    納得できない転勤で家族と離れ離れになるといった不満の声が相次いでいます。

    「夫に転勤の内示が出ました。12年間単身赴任、ワンオペ育児を乗り切り、やっと家族そろった生活もたった4年で終了。
    あーつらすぎる…。泣けてきます」

    「今、わが家はバラバラだ。会社の命令だからしかたないという旦那。友達と別れたくない、もう転校はイヤだから1人で行って!と長女。
    どうしたらいいかわからない私」

    子育てや介護などを理由に会社から命じられた転勤に従うことができないとして仕事をやめてしまう「転勤離職」も起きています。
    転勤によって配偶者が仕事をやめざるをえないケースも出ていて、ネット上でもそうした声が相次いでいます。

    「23年務めた会社を転勤辞令を拒否して退職した。要介護の親と離れるのは無理だった」

    「夫の転勤が決まりました。仕事、保育園同時に失うことが決定」

    「嫁さんはやむなく、今の仕事を退職することになりました。転勤は、従業員の家族に、多大な影響を与えます。
    家族は血の涙を流しながら、転居するのです」

    「配偶者の転勤で退職する人が想像以上に多い。今後も転勤が続くことがネックで夫側が転勤の無い仕事への転職に踏み切ったり。
    仕事を取るか、生活を取るか、の二択の選択肢…」

    転勤制度を見直してほしいという切実な声も上がっています。「『意図しない転勤』ってやばいよね。
    どこに住むかって充実した人生を送るためには大事なのに、会社の意向一つで、どこにでも飛ばされちゃうの、ほんとにやばい」

    「会社の都合で住む場所を勝手に決められるとか、もはや『人権侵害』ですよ」

    「単身赴任を11年続けた。新築だった家は築11年、幼稚園だった子どもも高校生。新築の家にも住めず、子どもがかわいい時期に
    一緒に住むことも制限。転勤を拒否できる制度は必要だと思う!」


    【☆ 【会社】  「転勤なら辞めます!」「もはや人権侵害!」相次ぐ「転勤離職」に厚労省が企業に転勤制度見直し指針の活用呼びかけ!】の続きを読む

    このページのトップヘ