芸能ニュース365

365日毎日その日にあったホットなニュースを更新!!

    災害



    (出典 image.itmedia.co.jp)



    1 ガーディス ★ :2020/04/17(金) 21:18:28.02

    関東 18日は「数年に一度の大雨」

    関東は「春の嵐」で「警報級の大雨」の可能性も。風に向かって歩けないほどで、横殴りの雨の恐れがあります。
    土砂災害や低い土地の浸水、川の増水、強風、高波に注意・警戒が必要です。

    「春の嵐」の原因は? 雨のピークは?

    18日土曜の関東は、「春の嵐」となるでしょう。原因は、上空に強い寒気を伴った低気圧が近づくから。この低気圧に向かって、
    大雨のもとになる「暖かく湿った空気」が、南からどんどん流れ込みそうです。


    このため、関東は、17日金曜の夜遅くから雨が降り出し、18日土曜は雨が強まるでしょう。雨のピークは、18日土曜の昼前~夕方(9時~18時)です。

    ピークの時間帯は、関東は大気の状態が「非常に不安定」になり、雨雲やカミナリ雲が発達しやすくなるでしょう。
    カミナリを伴って1時間に40ミリの激しい雨が降り、大雨となりそうです。1時間に40ミリの雨というのは、バケツをひっくり返したように降る雨で、道路が川のようになるレベルです。

    さらに、沿岸部では、風に向かって歩けないほどの強風となる恐れもあります。横殴りの雨で、荒れた天気になりそうです。
    「数年に一度の大雨」や「警報級の大雨」の可能性も

    予想される雨の降る量は、18日正午までの24時間に、いずれも多い所で、関東北部で100ミリ、関東南部で180ミリです。
    その後、18日正午から19日正午までの24時間に、いずれも多い所で、関東北部で100~150ミリ、関東南部で50~100ミリとなっています。

    今回、関東では総雨量が「数年に一度の大雨」になる所も予想されていますので、油断はできません。


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    (出典 amd.c.yimg.jp)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200417-00004857-tenki-soci
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1587107736/


    【 ☆ 【天気】  明日(18日)の関東は「数年に一度」「警報級」の大雨☔ 道路が川になる予定 !】の続きを読む



    (出典 lpt.c.yimg.jp)



    1 すらいむ ★ :2020/04/13(月) 11:56:54.43

    千葉 鴨川市の34世帯80人に避難勧告

     千葉県鴨川市は、大雨で土砂災害の危険性が高まっているとして午前11時10分、市内の江見、曽呂、大山地区の土砂災害警戒区域に住む34世帯80人を対象に避難勧告を発表しました。
     5段階の警戒レベルのうちレベル4に当たる情報で、速やかに全員避難するよう呼びかけています。

    NHK NEWS WEB 2020年4月13日 11時53分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200413/k10012383821000.html


    【 ☆ 【大雨警戒レベル4】  千葉 鴨川市の34世帯80人に避難勧告(04/13 11:10) 速やかに全員避難を  !】の続きを読む



    (出典 blog-imgs-64.fc2.com)



    1 首都圏の虎 ★ :2019/12/14(土) 19:17:48.21

    「地震が少ない瀬戸内海地方では珍しいことでした。おまけに南海トラフ地震の想定震源域の一番端です。このところ、空白域を埋める形で地震が起きている。南海トラフ地震の前には、西日本のあちこちで直下型地震が起きるのが常だが、今回の地震も深さ10㎞と浅い。明らかに、西日本で南海トラフ地震の前に起きる直下型地震の一つです」

     こう語るのは、武蔵野学院大学特任教授の島村英紀氏である。

     確かに、不気味な地震が相次いでいる。本誌は静岡県・伊豆沖で震度4の地震が発生したことを先週号でお伝えしたが、今度は11月26日午後3時9分頃、愛媛県今治市で最大震度4の地震があった。

     震源は瀬戸内海中部で地震の規模を示すマグニチュードは4.5。同地域を震源としたM4以上の地震は1999年10月30日以来、約20年ぶりのこと。同日午前7時58分頃には瀬戸内海中部を震源とする震度3の地震もあった。

    「1944年の昭和東南海地震の1年前にM7.2の鳥取地震が起きている。南海トラフ地震がいつになるかは分からないが、近づいているのは間違いない」(同)

     不気味な現象はこれにとどまらない。何と、マイワシの大群およそ10万尾が大阪府堺市堺区の土居川を遡上しているのが11月20日に発見されたのだ。

    「1923年の関東大震災や1946年の昭和南海地震、それに2011年の東日本大震災の際にもイワシは大漁でした。イワシの大量発生とその後の地震についての事例は結構ある。2015年2月下旬に岩手県の漁港に大量のイワシが押し寄せた際には、2月21日に三陸沖でM6.4の地震が発生したのを始め、同年2月末までに三陸沖や宮城県沖でM5以上の地震が6回も計測されている」(サイエンスライター)

     大きな地震の前触れとして発生する生物的、地質的、物理的異常現象をひとまとめにしたものを宏観現象というが、「何をバカな。迷信だろう」と一笑に付すことはできない。

    「イワシにしろ、ナマズにしろ、そうした生物は人間よりセンサーが発達している。しかも、一桁も二桁も上です。そのため、地震の発生をいち早く察知して異常行動をとったとしても不思議なことではないのです」(前出・島村氏)

     瀬戸内海中部で起きた地震と、その後2カ月間の国内地震を追ってみると、南海トラフ震源域で発生したM5~M6クラスの地震が複数回あった。

    「2002年11月4日に瀬戸内海中部でM3.1、震度1が発生すると、半日後に日向灘でM5.9、震度5弱、2013年には瀬戸内海中部で微弱な揺れが起きると、その3週間後に淡路島でM6.3、震度6弱の強い揺れが起きていた。そのメカニズムは分からないものの、何らかの繋がりがあるようです」(前出・サイエンスライター)

     4月にはこんなニュースがあった。

     政府の地震調査委員会は、日本周辺の海底や全国の活断層で想定される地震の発生確率について、毎年1月1日の時点で計算し公表している。南海トラフで想定されるM8からM9の巨大地震については、今後30年以内に発生する確率は、これまで「70%程度」だったが、今回の公表で70%から「80%」に引き上げられたのである。


    「フィリピン海プレートが活性化し、東日本大震災後の太平洋プレートも活動期を迎えている。条件は揃った。しかし、Xデーがいつになるかは、今の地震学では誰にも予知できないのです」(前出・島村氏)

     緊迫状態が継続していることだけは確かだ。

    2019年12月12日 22時00分 WJN 全文はこちらで↓
    https://wjn.jp/article/detail/3358727/


    【 ☆ 【地震】  南海トラフ地震の前兆? イワシの大群10万尾が大阪の川を遡上 地震が少ない瀬戸内海で地震 !】の続きを読む


     ☆ 『避難勧告』  伊勢市の住宅街が浸水 !


    台風の大雨で伊勢市の住宅街が浸水 消防がボートで住民を避難させる
    …示が出ています。 鳥羽市と志摩市全域と、明和町、伊賀市、名張市の一部に避難勧告が出ています。 また、伊勢市の五十鈴川と鳥羽市の加茂川、伊賀市の木津川が…
    (出典:三重(メ〜テレ(名古屋テレビ)))



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    【 ☆ 『避難勧告』  伊勢市の住宅街が浸水 !】の続きを読む


    『成田空港』  昼頃にほぼすべての在来線が運休 JR東、台風19号に対応した計画運休スケジュール公開12日に実地!


    昼ごろにほぼすべての在来線が運休 JR東、台風19号に対応した計画運休スケジュール公開 12日に実施 昼ごろにほぼすべての在来線が運休 JR東、台風19号に対応した計画運休スケジュール公開 12日に実施
    …ほぼすべてが運休となり、成田エクスプレスのみ東京発11時03分の列車、成田空港発12時20分の列車まで運行する予定で、以降は運休になります。 また、東…
    (出典:経済総合(ねとらぼ))



    (出典 financial-field.com)



    【『成田空港』  昼頃にほぼすべての在来線が運休 JR東、台風19号に対応した計画運休スケジュール公開12日に実地!】の続きを読む

    このページのトップヘ